スポンサードリンク

2008年07月09日

プラスの転職理由

転職をする理由を
プラスに考えて取り組むことは、転職先を探す場合に有利であるだけではなくて、将来のあり方
にとっても重要です。

プラス思考で
就職先を選択したという思いは、その後の支えになります。転職しようと考えた
発端がマイナスの理由だったからにせよ、プラスの動機に発展させ切り替えていくことができれば
、今後の支えになるのです。最初に、自分はどういった理由から転職を考えているのかをじっくり
と見つめ直し、紙に書き出してみましょう。他人に見せるための就職活動用の動機ではなく、自分
が納得できる明確な動機を見つける必要があります。

就職活動用に、
説明用の動機を作り上げるのは、それからで構いません。厳しすぎる業務、人間関係の悩み、辛
い残業などがその原因であった人でも、もっと具体的な理由を探してみます。そうした上で、どうい
う条件になればいいのかを考えてみます。たとえば、残業が辛くて転職を考えている人がいたとし
ても、実際には仕事内容に対する不満が潜んでいるかもしれません。面白く、やりがいを感じてい
れば、少々残業したとしても苦にはならないものです。

仕事に身が入らない
のはなぜなのか、本当にやりたい仕事は何か。やりたい仕事の内容と、実際の仕事の内容を比較
し、ギャップを認識することで、「やりたい仕事はこんなものだが、実際にはこう」という見方ができ
るようになれば、プラスの転職理由を探すこともできるようになります。
posted by 仕事探しを始める前の有益情報 at 14:45 | TrackBack(5) | プラスの転職理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就職活動での転職理由

どの職種の会社の面接でも、
転職理由
は問われます。転職理由を知っておくのは、その人の考え方や感じ方を理解する
ためであると共に、似たような理由でまた辞めてしまわないか、前の会社で抱いた不満は新
しい職場ではなくすことができるのかを知っておくためです。

例えば、残業の多さに
不満があって転職をした人は、残業が頻繁に求められる会社からの採用は難しいでしょう。同
じような理由で辞めてしまいそうだからです。一方、辞めた理由が人間関係のトラブルなら、環
境が変われば問題はなくなるようにも思えます。

面接の場で、
前の仕事を辞めた理由に人間関係のゴタゴタが絡むことを話す時には注意が必要です。人間関
係の悩みはどんな職場でもありますから、職場を変えても再発しないとは限らないと面接担当者
が感じる可能性があるからです。まして問題の原因を元の職場の上司や同僚のせいばかりにし
ていてはまず採用されません。他人に責任を転嫁し、自分の問題を考えていないという印象を与
えることになるためです。

人間関係が
転職理由
であることをひた隠しにする必要はありません。就職活動で重要なのはそれをどのよう
に表現するかです。少し言い方を変えることで、同じ転職理由でも印象はかなり変わります。面接
で話す時は、人間関係のどういう点でトラブルが発生し、自分はそれに対して何をしたかを合わせ
て話してみましょう。
posted by 仕事探しを始める前の有益情報 at 14:38 | TrackBack(0) | 就職活動での転職理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。