スポンサードリンク

2008年07月04日

現在の転職市場における動向について

インターネットに
公開されている転職情報を元に、職能別の転職市場の状況がどういうものなのかをチェックし
てみました。


なんといっても、
転職
に関してはIT関係が活発であるようです。特にモバイル系は、商業市場がさらに活性化す
る見込みです。モバイル技術を持っている人は、これからの転職活動を有利に進めることができ
るでしょう。モバイル関係の転職状況なら、この後も売り手優位に話が進むようです。金融業界
でも売り手市場であると思われます。銀行などで保険商品の窓口販売が2007年に解禁になり、
また、外資系の保険も日本へ上陸したことで、保険の販売競争は年々激しくなっています。特に
銀行関係や保険会社関係などの経験者への求人が多く、専門のスキルを持つ人が金融業界で
は高い需要があるといえます。

事務系、営業系での
転職
市場も、引き続き売り手市場のようです。事務や営業部門は、金融業、IT業と関係なく必要
な部署です。まして、この先新規事業の拡大や店舗出店などの拡大をする企業なら、これらの職
種は到底欠くことができません。商品の販売競争が激しくなればなるほど、経験があり即戦力とな
るスペシャリストの需要が高くなっているのも当然と思えます。

即戦力となる
スペシャリストはどの会社でも重用されることが多く、売り手市場と呼ばれる現在の状況でもそれ
は同様です。
タグ:転職市場
posted by 仕事探しを始める前の有益情報 at 06:22 | TrackBack(0) | 現在の転職市場における動向について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。